monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

MENU

THINGS WE LOVE, Shop&Studio in Seoul / アイテムを魅せる空間の余裕 / 物から感じる故郷のデザイン

f:id:monokann:20190508010943j:plain

THINGS WE LOVEというお店を訪ねて、故郷のデザイン性の根源を考える。

  

 

 

 

 

韓国のデザイン性について考えながら

f:id:monokann:20190508010852j:plain

 

20代後半の頃だろうか、東京都内のとある古本屋さんで「idea アイデア 307号」という雑誌を購入した。ideaは世界のデザインを紹介する雑誌で、毎年数冊が刊行されており、初刊は1953年7月とかなり歴史がある。307号の特集は「韓国のグラフィックデザイン」で、それまで私が見てきたものとは違う美しさと狂気さを合わせたような創造力を膨らませる作品が目に飛び込んできた。「嗚呼、韓国という場所は、デザインセンスがかなり高い国なのだ」とその時初めて理解したのである。だから韓国に行った際は、街の中にある韓国のデザイン性について考えていきたいと思っていた。ソウルの森もその一環だった。

 

 

 

 

f:id:monokann:20190508011133j:plain

 

「THINGS WE LOVE」。街を歩いていた時に看板が目に飛び込んできた。なんのお店だろう?一度は通り過ぎたのだけれど、立ち止まって考えて、戻って、中に入ってみることにした。

 

 

 

TWL Flagship Store

Things We Love, Shop & Studio

TWL의 모든 제품을 구입할 수 있는 샵이자, 제품에 대한 이야기를 나누고 직접 사용해볼 수 있는 스튜디오 공간입니다.

02-6953-0151

서울시 종로구 율곡로 187 토토빌딩 1F

화-토요일 12-8pm, 일요일 1-6pm

매주 월요일 휴무

Things We Loveの商品を購入でき、 商品の会話し、直接手に触れ使ってみることができるショップ

02-6953-0151

ソウル特別市鍾路区栗谷路187 1F

 火 - 土曜日12-8pm、日曜1-6pm

毎週月曜日休館

 

 

 

 

THINGS WE LOVE, Shop & Studio

f:id:monokann:20190508011117j:plain

 

ショップの中に入ると、まず目に飛び込んできたのが日本の和を感じさせる陶器の数々。「間・余裕・スペース」というのが人に与える印象は高いと考えていて、余裕がある見せ方をすると見た人にも"ふっ"と息を付ける良さを感じさせることができると思う。そんな"間"を感じながら奥へと進んでいった。

 

 

 

 

f:id:monokann:20190508011039j:plain

 

中には多くの雑貨が置かれていて、木目を基調として落ち着きを感じながらも、所どころに明るい色の商品が見えて楽しい雰囲気を感じさせた。

 

 

 

 

f:id:monokann:20190508010925j:plain

 

どんな商品があるのかと見てみると、カラフルな場所には子供用品が置かれている。韓国製のものをメインに日本では見たことがないアイテムがそろっていた。個人的にはディスプレイで商品をよく見せるのはとても難しいなと感じながらも、TWLでは見て楽しみ、手に取って楽しみたい気持ちにさせてくれる。店内に流れる緩やかな空気と合わさって一つ一つをゆっくりと見ていった。

 

 

 

 

f:id:monokann:20190508011002j:plain

 

奥に進むと、JazzやPopなどの音楽を視聴できたり、壁には食器用品が飾られキッチンやダイニングにあると楽しいだろうなという商品がそろっていた。

 

 

 

 

f:id:monokann:20190512103710j:plain

 

そんな中で購入した物がこちら。韓国発のファブリックブランド"kitty bunny pony"が、子供文化を育てる子供ブランド"JANGCHA"とコラボレーションした「origami paper」。kitty bunny ponyの幾何学模様デザインとJANGCHAの子供が見ても楽しくなるポップさが合わさり、オリガミを折ることが楽しくなれるように思った。"paper book"というランチョンマットやプレゼント梱包にも使える大きめの物もとても魅力的だった。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:monokann:20190509005650j:plain

 

「写真を撮っていいですか?」と店員さんに尋ねると、快く「いいですよ!」と答えてくれた。大切な瞬間をその人なりの捉え方で共有してくれることを願ってだろうか。ありがとうございます。おかげでこの記事がかけています。

 

 

 

世界と瞬時に繋がれる現代だからと言って、センスや感覚はやはりその国々の物があるように感じる。どれがいいとか優劣をつけるのではなく、どの部分が素晴らしいのか、どの部分に独自性があるのかを考えていくほうが楽しいように思う。

 

 

 

問われるのは、「あなたは何者ですか?」「あなたには何ができますか?」ということなのだとしたら、きっとそのヒントは自分の国や故郷の中にあるはずだから。

 

 

 

 

*-------------------------------------

*引用・参考

TWL, Things We Love

Things We Love - (仁寺洞(インサドン)・鍾路(チョンノ) / ショップ) | HereNow Seoul

TWL — POST SEOUL

Things We Love (@twl_shop) • Instagram photos and videos

idea 307号

키티버니포니 kitty bunny pony

JANGCHA child designs & books

-------------------------------------*

*promotion

monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくためにご理解いただけますと幸いでございます。個人の活動についても掲載させて頂いておりますので、ご興味あるものがございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

---

【Lamb音源】 

Lambのプレイリストを公開しています。1曲1曲から何かを感じてもらえたらうれしいです。ライブ情報も公開していますので、随時お知らせいたします。

〜〜〜〜〜〜

Other Information of Lamb ↓

Instagram

 -------------------------------------*

 *follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

Instagram