monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

MENU

金沢まちなか彫刻 / 金沢市がパブリックアートに込めた想い / 「走れ!」&「やかん体、転倒する。」

街と作品が相互に絡み合う素晴らしさよ。 アートに力を入れる金沢市 石川県金沢市。2015年3月から東京ー金沢間の北陸新幹線開通も相まって、日本の人気観光地として発展し続けている。名所といえば、歴史ある"金沢城"や"兼六園"、古い街並みを堪能できる"ひ…

伝わるものと伝わらないものと 19

「食も情報なのです。」 「味の形 迫川尚子インタビュー」という本を読んでいて 「ファーストフード」と「スローフード」の話が出てきたのだけれど、 ファーストフード = インフォ・プア・フード(情報の陳腐なフード) スローフード = インフォ・リッチ・…

平和の森公園 Part2 / 改めて見る中学の教育方針 / 今の自分に照らし合わせて

ぴーちくぱーちく議論を重ねて。 平和の森公園 平和島が竣工されたのは1967年。開拓当初はまだ"島"として成立していたが、1981年に運河の一部が埋め立てられ、その地に「平和の森公園」が完成した。それによって、平和島と大森地域が平和の森公園によって繋…

平和の森公園 Part1 / 平和島の歴史と名付け / 創造溢れる大田区中学生の作品たち

中学生の自由さよ、想像を超えてゆけ。 平和島に寄り添う「平和の森公園」 photo: 大田区ホームページ:平和島(昭和42年) photo: Google マップ 「平和島」。東京都大田区の大森と大井の間に位置し、東京湾に埋め立てられた人工島だ。なぜ平和島と名付けられ…

伝わるものと伝わらないものと 18

子供が生まれる日、生まれてからの数日。 子供が生まれる日、生まれてからの数日 よく空を見上げてた なんだか太陽や雲の動きが 子供の心と共鳴している気がしたから。 無事生まれてきてよかった 日々も空も変わっていく。 --------------------------------…

国立科学博物館 in 上野 / 生き物が生きるということ / 美しさと気持ちわるさと綺麗と怖いと

誰かは美しいと言って、誰かは気持ちわるいと言う。 国立科学博物館で出会った神秘 上野にある国立科学博物館に行って 思っていたんだ。 生き物はただ生きていただけなのに 誰かはそれを「美しい」と言い、 誰かはそれを「気持ちわるい」と言った。 誰かはそ…

SHADOW OF SHADOW / 彫刻家キム・ヨンウォンが見る影の世界 / ない空間に見えるある空間

ない空間には、ある空間が広がって、そこに本当が見つかって。 彫刻家キム・ヨンウォンが見る影の中の影 photo:그림자의 그림자 (흘로 서다) / 김영원 (2011) SHADOW OF SHADOW (alone) / Kim Young Won ソウル市内を歩いている時、遠目から「大きな人がいる…

MMMAd / 出会いに出会い出会う広告 / 韓国・ソウル

韓国に行っても様々な広告に出会いに出会い出会った。 What is MMMAd? 道端を歩いていても、電車やバスに乗っていても、PCやスマフォを眺めていても、とにかく出会いまくる「広告・広告・広告」の数々。僕はあれら広告が量産されて、ただ消えていくように思…

伝わるものと伝わらないものと 17

木が作る影。 木が作る影が好きみたいだ。 その先にある光があるからあぶり出される影は とても贅沢に感じるから -------------------------------------* *promotion monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくためにご理解いただ…

THINGS WE LOVE, Shop&Studio in Seoul / アイテムを魅せる空間の余裕 / 物から感じる故郷のデザイン

THINGS WE LOVEというお店を訪ねて、故郷のデザイン性の根源を考える。 韓国のデザイン性について考えながら 20代後半の頃だろうか、東京都内のとある古本屋さんで「idea アイデア 307号」という雑誌を購入した。ideaは世界のデザインを紹介する雑誌で、毎年…