monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

Lamb "◯音 - yu-inn -" at 渋谷home / 初のアコースティック演奏 / 1音ずつ確かに感じることと音楽で繋がっていくこと

f:id:monokann:20181006163954j:plain

丁寧さと一音一音を互いに感じ刻んでいくこと。

 

  

 

f:id:monokann:20181006164006j:plain

渋谷homeの店長宮内さんに急遽お誘い頂き出演させて頂いたイベント"◯音 -  yu-inn -"。tossed coinに続いてご一緒した"Senkawos"、2017年にサマソニにも出演している"no entry"、そして個人的に聴きづつけた"tio"という素晴らしい3アーティストのイベントのオープニングアクトに呼んで頂き光栄この上なかった。

公演:◯音 - yu-inn -

日程:2018/09/23 (日)

時間:OPEN / START 18:00 / 18:30

会場:渋谷HOME

出演:tio / no entry / Senkawos / Lamb

料金:advance ¥2,300 / door ¥2,800(+1drink)

 

f:id:monokann:20181006164022j:plain

今回のLambは初のアコースティック編成でのライブを行った。その次の週に出演予定の二子玉川で行われる"TAMAGAWA BREW"にてアコースティック編成を予定していたので、急遽のこのイベントも同様の編成で挑んだ。普段エレキギターを持つ尾川がアコギに持ち替え、ドラムの加藤はドラムからカホンなどのパーカッションとなった。個人的にもアコースティックでのライブは初めてだった。勉強になったのは、ステージ上での中音の聞こえ方が全く違ったということだった。普段はギターアンプがステージ上にあるのでベースアンプと合わせて中音に厚みがある。しかし、今回はギターはラインでPAに繋いでいるのでアンプを繋いでいるのベースだけ。よってベースの中音のマスターを下げることや、中音のそれぞれの聞こえ方も違っていた。

 

f:id:monokann:20181006164030j:plain

そしてオープニングアクトとして演奏させてもらった。今回は4曲(Sea on, Passion, After el, look of the sky)。25分ほどの演奏だったがとても程よい緊張感の中で演奏させてもらった。いつもよりも音圧は低い、けれど自分たちが出している音であることや、その音をどう表現するかということに違いはない。僕らのエモさが伝わっていたらとても嬉しい。

また、アコースティックは本当にごまかしが効かないなと強く感じていた。少しのズレがあからさまにわかってしまうし、自分たちの気持ちわるさに繋がる。これは自分たちの演奏技術の足りなさや、リズムの拍が揺れてしまって統一されていないことの現れなのだろう。先を行く方々の姿を吸収しながらやっていこう!練習だ! 

 

続いてSenkawos。2回目の共演となった。前回は楽しさ湧き出る揺れに酔いしれていたけれど、今回は前回よりも緩やかに演奏している感じがした。やはり5つの楽器が束なると音が膨よかになって、耳の色々な周波数帯に響いて気持ちよくなれる。終演後、ベース石井さん・ドラム和田さんとも会話させてもらい、「2回目なんだから仲良くしていきましょうよ〜」と言ってもらえたこと、とても嬉しかった。ぜひぜひまた一緒にやりたい!

 

3番目はtio。僕は一時期tioとtoconomaを聴き続けていた時期がある。デビューミニアルバムのtoitoitoiは何周聴いたかわからないほどだ。signという曲のPVも素晴らしいのでおすすめだ。新しいTiny Island Orchestraも素晴らしい内容。そのtioさんとご一緒できるとは、バンドを続けてみるものである。生で聞くとギター二本の音の絡み合いがとても美しい。2人で感覚も交えつつ入念に音の役割を曲の中で色々組み替えているのだろう。そして安定感の中に柔らかな音があるドラム、あるタイミングでは支え、あるタイミングではうねる心地よさがあるベース。曲の後半にかける壮大感も奥行きも入りこまされた。僕らが学ばないといけない点が多く含まれていた。また次回ご一緒できるように練習しよう。

 

トリはno entry。2015年はフジロック、2017年にはSummer Sonicに出演しているフェスによく合うアーティストだ。6人編成で、とにかく踊れる。夏らしいというか海岸沿いがすごく似合う音楽。ボーカル山下さんはとにかくお客さんを引っ張っていき、体全体で歌を表現していることがわかる。歌と演奏で、会場中を自分たちに引っ張ってくる能力。そんな点は、僕らにはまだまだないし、学びが多い演奏を見させて頂いた。どこかのフェスでまた会えたら、違った楽しみ方をできそうだ。

 

f:id:monokann:20181006163958j:plain

素晴らしいアーティストさんの演奏を見させていただき、最後は渋谷home店長宮内さんも含めて全員で写真撮影。この日がどれぐらいいい日だったかわかってもらえると思う。Lambギター2人は、レコーティングでギター撮りのために不在、残念。音楽の表現は違えど、その瞬間をライブした後の気持ちの通ずる感じは何物にも変えがたい嬉しさがある。

 

演奏後、こんなツイートをしてくれる方もいた。何かが伝わっていることを実感する瞬間。こういった方を1人ずつ増やしていけるようにがんばっていこう。

 

 

 

音楽っていいものだ。

 

 

 

-------------------------------------*

*promotion

monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくためにご理解いただけますと幸いでございます。個人の活動についても掲載させて頂いておりますので、ご興味あるものがございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

---

【Lamb音源】 

Lambのプレイリストを公開しています。1曲1曲から何かを感じてもらえたらうれしいです。ライブ情報も公開していますので、随時お知らせいたします。

〜〜〜〜〜〜

Other Information of Lamb ↓

Instagram

 -------------------------------------*

 *follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

Instagram