monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

田町・芝浦 / かつての海と / 人工的な海物たち

f:id:monokann:20180809230017j:image

先日、田町・芝浦辺りに行くことがあったのだけれど、歩いていると海の公園遊具によく出会った。クジラ・イルカ・船・貝と、東京湾という海に近いことを感じさせるためなのか、少し歩くと所々に点在していたのである。それらを「海物(うみもの)」とでも呼ぼうか。


f:id:monokann:20180809230022j:image

しかし妙だ。この場所は元々海だったはずなのに、人間が活動するスペースを確保するために埋められたはずなのに、人々は海を忘れさせないために海を感じさせる公園遊具を作っているのだから。船の遊具をあざ笑うかのように、後ろにはJR京浜東北線が走っているのもどこか違和感があった。


f:id:monokann:20180809230027j:image

僕はうろうろしながら公園遊具たちを眺めながら、人間のエゴのような、人間の横暴であるような、自分勝手な行動を感じていた。この地面の下には昔クジラやイルカが泳いでいたかもしれない。船が出て、貝を集めていたかもしれない。それを壊してまで暮らしを優先した人間が、作り物の海物を作り上げている。目的は、海辺に近いことの雰囲気づくりなのかしら。


f:id:monokann:20180809230323j:image

でも一方で、海を狭めたのは人間だけれど、それでも僕らは海という存在をどこまでも忘れたくはないのかもしれない。埋めてしまったことを肯定するように、母なる海を忘れられないように。

 

※公園遊具補足:クジラとイルカがいるのは芝浦公園、船と貝は本芝公園にある。

港区公式ホームページ/芝浦公園

港区公式ホームページ/本芝公園

 

-------------------------------------*

*promotion

monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくためにご理解いただけますと幸いでございます。個人の活動についても掲載せて頂いておりますので、ご興味あるものがございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

---

※Lambの新しい音源が公開となりました。2018年7月で完結を迎えるチャットモンチーの「染まるよ」をLambなりのカバーをしています。ぜひ一聴ください。

Other Information of Lamb ↓

 -------------------------------------*

*follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

hatena blog

Instagram

monokann Instagram

twitter