monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

MENU

丸広百貨店"わんぱくランド"に行ってみよ / 世代を超えて楽しむ屋上遊園地 / わんぱくという自然体で遊ぶこと

関東もう一つの遊び場。青空の先へ。 前回、かまたえんの"幸せの観覧車"について書いた。もしかしたら無駄なことが、無駄ではなく必要なことなんじゃないかという思いが今も並列している。関東に2つという屋上観覧車、東京/蒲田のかまたえんがその一つ。そし…

かまたえん"幸せの観覧車" / 京急プラザ蒲田50周年の歴史 / 日常にちょっとしたファンタジーを

日常の中にファンタジーを。屋上に観覧車のある風景。 日常というのは、つまらないと思うと極度につまらなくなるものだとたまに思う。その感じは、外的要因なのか内的要因なのかはわからないけれど、なんだかつまらないのだ。世の中には、食べるものがなく飢…

伝わるものと伝わらないものと 8

彼女は、 孤独か、 孤独と思った時が孤独なのかな 題:夏の終り(1991年) 作:𠮷野毅 -------------------------------------* *promotion monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくためにご理解いただけますと幸いでございます…

大平和祈念塔の存在感 / 知らない場所での出会いと祖母との思い出 / 人生は芸術だというOnly1の考え

大阪という第2の故郷を思い返すと、祖母との思い出だったりする。 両親の実家が大阪ということもあり、昔から大阪には馴染みがあった。毎年夏には大阪の両方の祖父祖母のお家を訪れ、外に出かけ、たこ焼きやうどんを食べて、道頓堀を歩き、買い物をして、プ…

堀之内芝原公園 in 八王子 / "はにわの軍団"現る / 土地の歴史と古墳の形と深まる謎

ひょっこり現れた"はにわの軍団"現るの巻。 東京都八王子市。この日は朝からあいにくの土砂降りだったが、昼過ぎから肉厚の雲を残しながらも雨も上がり始めた。異様な奇妙な感覚を残しつつ、たどり着いたのが「堀之内芝原公園(東京都八王子市堀之内2丁目8)…

文京区「大塚公園」 / ルネサンスと仏教の異色のコラボ / 憩いの場所でそれぞれの時間

いろいろ混じるから、いろいろ良かったり。 ブラタモリという番組があるが、そろそろ「公園探訪」なんて番組もあったらいいんじゃないかと考えている。自分で色々なことができる世の中なので自分で作っていってもいいかもしれない。公園遊具好きや公園の歴史…

#ビル先 #endofbuilding / 始まりの終わりと終わりの始まり / 見えないから見たくなる心

#ビル先 #endofbuilding という新しいシリーズを開始。 View this post on Instagram #ビル先 #endofbuilding monokannさん(@kazuma_hattori)がシェアした投稿 - 2018年 9月月29日午前2時49分PDT 気がつけば「#床か壁か #floororwall」というシリーズもやり…

三軒茶屋のゴリラビルを眺めながら / 強い人・弱い人 / 調査経験と想像世界と

大きな存在について。 大きな存在というのは強いのだろうか。強さとは一体なんだろうか。 例えば大きな体の人が周りにいるのだけれど、その人は意外に臆病で感情的で心を素直に出しているように見えた。逆に冷静そうで知的そうに見える人は感情を表に出さず…

伝わるものと伝わらないものと 7

夏を忘れて冬がきて 冬を忘れて夏がきて そして、歳をとって photo of 全日本コーヒー商工組合連合会 http://www.ajcra.org/ -------------------------------------* *promotion monokannでは、広告を掲載させて頂いています。ブログを運営していくために…

台東区蔵前「三筋児童遊園」 / 細長くて見過ごされる公園 / わずかな隙間もこだわり抜いて

細長い公園があってもいい。児童遊園の可能性を考える。 東京都台東区蔵前、近年クリエイティブなショップや飲食店が増え、「東京のブルックリン」とまで呼ばれているエリア。この新堀通りという区間に細長い公園が存在する。それが「三筋(みすじ)児童遊園」…